Supercell、GREEの特許侵害で100億円の賠償命じられる 米国で

2021年5月13日 17:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、  日本のソーシャルゲーム大手のGREEが、フィンランドのゲームパブリッシャーSupercellを、同社の「クラッシュ・オブ・クラン」や「クラッシュ・ロワイヤル」が特許権を侵害すると訴えていた裁判で、米連邦裁判所は5月10日、GREEの訴えを認めてSupercellに約9210万ドル(約100億円)の賠償を命じる判決を下した(グリーリリース[PDF]4Gamer.netITmedia)。

 なおグリーはSupercellに対して合計7件の訴訟を起こしている。今回の判決はそのうちの3件となる。2020年9月に2件についてはSupercellへ850万ドル(約9億2500万円)の支払いが命じられている。残り2件が係争中となっている。

 スラドのコメントを読む | 法廷 | ゲーム

 関連ストーリー:
スマホアプリ世界トップパブリッシャーランキング、トップ3はTencent、NetEase、Activision Blizzard 2020年03月26日
ソフトバンクの純利益が1兆円を超える 2017年05月11日
世界トップのゲーム企業である中国・騰訊(Tencent)、ゲーム配信プラットフォームを開始へ 2017年04月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特許グリー

関連記事

広告