Twitterの投げ銭機能、PayPal経由で送金すると相手に住所が伝わるとの指摘

2021年5月11日 08:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Twitterは5月7日、応援したいアカウントに対して送金が可能となるチップ機能「Tip Jar」を発表した(Tip Jar)。現時点では一部のクリエイター、ジャーナリスト、非営利団体などがこの機能を利用できるようになっている。このTip Jar機能では、送金手段としてBandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoなどが選択可能となっているが、PayPal経由で送金を行った場合、送金相手に送り主の住所が表示される問題が出ているという。この問題は米セキュリティ会社のCEOであるRachel Tobac氏によって指摘されたものだという(Rachel Tobac氏のツイートITmedia)。

これを報じたITmediaの記事によれば、この問題はPayPal側の利用規約の影響によるものだそうで、Tobac氏はPayPalはユーザーのデータの共有をやめるべきだとする一方で、Tip Jarの決済手段にPayPalを使えるようにしたTwitter側にも、ユーザーにこうした情報を伝える責任があると指摘している。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | IT | お金 | 情報漏洩

 関連ストーリー:
Twitter、アプリ上で縦長画像のサムネイル表示に対応へ 2021年05月08日
Twitterがテスト中の「ツイート取り消しボタン」はサブスク会員用との説 2021年03月25日
Twitter、画像をクロップせずにタイムライン表示する機能をAndroidとiOSでテスト中 2021年03月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterペイパル(PayPal)

関連記事

広告