新型iMac同梱の編組ナイロンUSB-C to Lightningケーブル、耐久性は向上するか

2021年5月3日 07:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

grapefruit7 曰く、 新型iMacには編組ナイロンを採用したUSB-C to Lightningケーブルが同梱される(9to5Macの記事)。

編組ナイロンUSB-C to LightningケーブルはiPhone 12に同梱されると噂されたが、実現しなかった。今年2月に断線しにくいケーブルの特許を出願していたことが明らかになり、接合部分にスリーブがないという点で今回のケーブルと一致している(※)。

新型iMacには同色のケーブルがセットになるようで、青色のiMacを注文した場合は青色のUSB-C to Lightningケーブルが同梱される。単体販売されるかどうかは不明だが、個人的にはTouch ID付きMagic Keyboardと共に単体販売を希望。

 ※編注: Appleが出願している特許は被覆の硬さを接合部付近と中間部で変化させるというもので、この技術が新型ケーブルに使われているかどうかは不明だ。少なくともナイロン編組自体に適用されてはいないだろう。なお、編組ナイロンのUSB-C - LightningケーブルはMac Proに同梱されているが、こちらはスリーブが使われている。新型ケーブルの耐久性は向上しているだろうか。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | アップル

 関連ストーリー:
Apple、断線しにくいケーブルの特許を出願。接合部分にスリーブを取り付けなくても 2021年02月08日
Apple、税別12,800円のThunderbolt 3ケーブル(2m)を発売 2020年07月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhoneMac特許iPhone 12

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告