バッファロー製Wi-Fiルーターに複数の脆弱性 サポート終了機器は早急に買い替えを

2021年5月1日 16:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 バッファロー製Wi-Fiルーターに複数の脆弱性が見つかったとのこと。

JPCERTによると
CVE-2021-3511:第三者により、当該機器の設定情報等を窃取される
CVE-2021-3512:第三者により、当該機器の telnet サービスを有効化され、root 権限で任意のOSコマンドを実行される
CVE-2021-20716:第三者によって当該製品のデバッグ機能にアクセスされ、当該製品上で任意の OS コマンド実行や不正なコード実行、設定の変更、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃等が行われる可能性
といった、深刻な内容ばかりのようだ。

基本的には最新パッチを適用すればよいが、サポートが終了している機器についてはパッチが提供されることはなく
使用を停止し、代替商品への買い替えを促している。

JVNVU#99235714 バッファロー製ルータにおける複数の脆弱性
JVNVU#90274525 バッファロー製の複数のネットワーク機器においてデバッグ機能を有効化される問題

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
NEC製ルーター「Aterm」シリーズ17機種に複数の脆弱性が報告される 2021年04月12日
中国でハッキング大会が開催。主要OSやブラウザ、仮想環境で脆弱性が見つかる 2020年11月12日
EFF曰く、あなたが思うよりずっと公衆Wi-Fiは安全 2020年02月06日
Ciscoのルーターで多数の脆弱性が見つかる 2019年05月17日
家庭で使われている無線LANルータの83%に脆弱性、米NPO調査 2018年10月10日
国内メーカー4社の無線LANルーターのサポート期間、多くが不明瞭 2018年04月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性バッファロー

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告