子宮頚がんワクチン、接種勧奨再開に反対意見が出される

2021年4月19日 17:16

印刷

記事提供元:スラド

子宮頸がんワクチンに関しては、副反応があるとする情報が広まった結果、予防接種の推奨が取り止められてしまった経緯がある。しかし、厚生労働省が行った研究などでは「捏造である」という指摘が出ていた。このため自民党の議員連盟が勧奨再開を求める動き見せていたという。こうした行動に対して副反応による被害を訴えている人たちが、接種勧奨を再開しないよう厚労大臣に要請書を提出したとしている(NHK)。

maia 曰く、 子宮頸がんワクチンについて、副反応を訴えている原告などが、接種勧奨を再開しないよう厚労大臣宛ての要請書を提出した(NHK)。これは3月に自民党の議員連盟が勧奨再開と期限を過ぎた人にも無料で接種を行うよう厚労大臣に要望した事を受けての動きらしい。同ワクチン(HPVワクチン)については厚労省の情報参照。現在定期接種の対象だが、案内はするが積極的な勧奨はしておらず、希望者が受けている状態。年齢的に接種期間を逃せば有料となる。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
子宮頸がんのHPVワクチン、男性接種が承認される 2020年12月28日
子宮頸がんワクチンの接種停止、未接種による死者は4,000人に達する見込み 2020年10月23日
「子宮頸がんワクチンに副作用があるとの発表は捏造」と指摘した記事、名誉棄損と判断される 2019年03月27日
「反ワクチン運動」が世界の健康に対する脅威ワースト10入り 2019年01月21日
「子宮頸がんワクチンが障害の原因となり得る」という根拠はない 2016年06月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省

関連記事