21年第1四半期の世界PC出荷台数は8398万台、前年同期から55.2%成長

2021年4月13日 08:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 IDCの推計値によると、2021年第1四半期のPC出荷台数は前年同四半期から55.2%成長し、2,986万台増の8,398万台となった(プレスリリース)。

IDCによればPC需要は高止まりしているものの、大幅な成長はCOVID-19パンデミックの始まり品不足になった2020年第1四半期の減少によるところが大きいという。ただし、2019年第1四半期からの成長率も42.3%と高く、2,497万台増加している。また、第1四半期は直前の第4四半期から減少するのが普通だが、今回は2020年第4四半期から8.3%減と小幅な減少にとどまる。第4四半期からの減少幅が小さいのは7.5%減だった2012年以来とのこと。

パンデミックが続く中、コンポーネント不足や物流の問題が製品価格を押し上げており、ゲーミングPCや教育用のタッチスクリーン搭載PCの需要増も製品価格上昇の原因になっているそうだ。

PC出荷台数をベンダー別にみると、トップ5は3位のDell(成長率23.4%、出荷台数1,295万台、以下同)を除いて軒並み50%以上成長しており、特に4位のApple(111.5%、669万台)と5位のAcer(73.5%、584万台)が大きく成長している。1位のLenovo(59.1%、2,040万台)と2位のHP(64.1%、1,924万台)の成長幅も大きい。6位以下の合計も50.3%成長して1,887万台となっている。なお、2020年第1四半期にはDellのみが増加していた。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ビジネス | ハードウェア | 統計 | 医療 | 教育 | ノートPC | ゲーム

 関連ストーリー:
2020年第4四半期の国内市場携帯電話出荷台数、2台に1台以上がiPhone 2021年02月28日
教育分野で躍進中のChromebook、年内に40機種が投入予定。3月には画面録画ツールなどの新機能も 2021年02月25日
IDC推計、2020年のPC出荷台数でChromebookがMacを上回る 2021年02月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleLenovoAcerHPIDCPC

関連記事

広告

財経アクセスランキング