国際 RSS

 

タイ・チェンマイ県、大気汚染と山火事防止のため枯葉を買い取り

2021年3月31日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 タイ北部チェンマイ県の当局が大気汚染と山火事防止のため、34の村で枯葉や農業ごみの買い取りを開始したそうだ(バンコク週報の記事National News Bureau Of Thailandの記事Bangkok Postの記事)。

タイ北部ではこの時期が焼き畑の季節で、毎年PM2.5レベルが上昇して住民の健康への影響が懸念されている。山火事は自然発火によることもあるが、多くは猟師が野生動物を追い立てる煙を出すための火が原因になっているそうだ。

枯葉買い取りはAirVisual(IQAir)の都市別大気汚染ランキングでチェンマイ市が1位となったことを受けたものだ。買い取りの成果か3月30日0時58分のデータでは10位となっているが、3月9日には1位に上昇していたようだ。Bangkok Postの記事によれば買い取り価格は1kgあたり2バーツ(約7円)で、3月15日から24日までの間に17トン近くの枯葉が買い取られたという。National News Bureau Of Thailandによると5,000万トンの買い取りを目指しているとのこと。

3月30日0時58分のIQAirのデータによれば、チェンマイの空気品質インデックス(AQI)は160で、不健康(Unhealty)と評価されている。日本の都市では大阪が12位(AQI 155)、京都が15位(AQI 152)となっており、いずれも不健康との評価だ。ただし、大阪と京都は時間帯ごと・日ごとの変動が大きく、過去24時間・1か月間のデータによればAQI 150前後が最高で、AQI 50以下の良好(Good)との評価も多くみられる。一方、チェンマイのAQIは常に100を超えている。なお、東京はAQI 12の92位で、空気品質は良好と評価されている。過去24時間・1か月間のデータでAQIが60を超えることはほとんどない。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | 統計 | サイエンス | お金

 関連ストーリー:
カリフォルニア州、2035年までに事実上ガソリン車の販売を禁止へ 2020年09月26日
世界終末時計、初めて秒単位で表現される「残り100秒」に 2020年01月25日
オーストラリアの電力会社、送電線が原因の山火事は技術で防げると主張 2019年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードタイ(国)

関連記事

広告