Linux Foundation、Linux 30周年記念ロゴ画像を公開

2021年3月22日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Linuxが今年で30周年となるのを記念し、ソーシャルメディアへの投稿やモバイルデバイスの壁紙に利用可能な記念ロゴ画像をLinux Foundationが公開している(特設ページ)。

これについて あるAnonymous Coward 曰く、 Linux が30歳になったそうだ(日付はもう少し後な気がするが)。

最初の公開版(0.01)は、i386コンピュータの一部でしか動作せず、フロッピー/ハードディスクとシリアルポートくらいしか使えず、スーパーユーザしかおらず、スウェーデン語キーボード直指定で、少し長く使うとハングアップしてしまう、ネットワークもGUIも無い小さなOSだったが、30年経った今は使われてない分野を探すのが難しいほどに普及している。

 Linux FoundationではLinus Torvalds氏がLinuxの開発を発表した1991年8月25日と最初のバージョンを公開した1991年10月5日を記念日とマークしている。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux

 関連ストーリー:
ESR曰く、WindowsはそのうちLinuxカーネルになる 2020年09月30日
Linuxカーネル、25周年 2016年08月27日
Linuxデスクトップの普及を目指すLinus Torvalds 2016年04月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードLinuxLinus Torvalds

関連記事