レガシーMicrosoft Edgeのサポートが終了

2021年3月11日 17:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 デスクトップ版のレガシーMicrosoft Edgeのサポートが3月9日で終了した(Microsoft Edge Blogの記事)。

レガシーEdgeはInternet Explorerを置き換えるモダンブラウザーとしてWindows 10に導入された。MicrosoftはWebのモノカルチャーには貢献しないとしてレンダリングエンジンにはWebKitを採用せず、従来のMSHTML(Trident)エンジンをフォークしたEdgeHTMLエンジンを採用する一方で、WebKitとの完全互換を目指していた。しかし、期待された拡張機能サポートの搭載は遅れ、Windows 10の標準ブラウザーでありながら大きなシェアを獲得することはできなかった。その結果、より互換性が向上するなどとしてMicrosoft EdgeはChromiumベースへ転換することになる。

レガシーEdgeに対するセキュリティ更新プログラムは同日提供が始まった3月のWindows 10向け累積更新プログラム(Bリリース)が最後となる。Microsoftは4月の月例更新ではレガシーEdgeを完全に削除し、Chromiumベースの新Microsoft Edgeに置き換える計画を示している。

なお、3月の累積更新プログラムをインストールした環境でレガシーEdgeを起動すると、「このバージョンのMicrosoft Edgeは、サポートされなくなったか、セキュリティ更新プログラムを受信していません。今すぐ最新バージョンのMicrosoft Edgeをダウンロードしてください。」と通知が表示され、新Microsoft Edgeをダウンロードするよう促される。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | セキュリティ | インターネットエクスプローラ | インターネット | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft、4月の月例更新でレガシーEdgeをWindows 10から削除 2021年02月06日
Microsoft、EdgeブラウザをChromiumベースにすることを発表 2018年12月07日
シェアを減らし続けるMicrosoft Edge 2015年12月22日
Microsoft Edgeの拡張機能サポート搭載は来夏にずれ込む? 2015年10月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Microsoft EdgeInternet ExplorerChromium

関連記事