ソフトバンクの個人情報流出、銀行口座と同じ暗証番号利用で被害発生か

2021年3月6日 08:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

先日のソフトバンクの顧客情報流出の件では、持ち出した情報が他人に渡り、不正利用されたとみられている。新たな話としては、決済サービス「PayPay」などの不正チャージに悪用された可能性があるという。なおFNNプライムオンラインによると、銀行口座から現金を引き出された被害に遭ったユーザーは、口座と携帯電話の暗証番号が同じだったことが分かったそうだ(NHKFNNプライムオンライン)。

なお、顧客情報を流出させた疑いで逮捕された販売代理店の稲葉修作容疑者は、「違法になるとは知らなかった」として容疑を否認しているとのこと。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | お金 | 情報漏洩

 関連ストーリー:
ソフトバンクで6347人の顧客情報流出。ドコモ口座事件などに悪用される 2021年03月04日
ドコモ口座の不正出金容疑でグループの主犯格再逮捕。PayPayの不正入金にも関与 2021年01月08日
ゆうちょ銀行で「ドコモ口座」以外のサービスでも不正預金引き出しが発生 2020年09月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクPayPay

関連記事

広告