みずほ銀行のATM障害、「デジタル通帳」への移行作業中に発生

2021年3月5日 17:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 先月28日に発生したみずほ銀行のATM障害だが、先日に原因として報じられた「定期預金のデータ移行作業が45万件」という内容が、みずほ銀行が昨年発表した紙の通帳を有料化してデジタル化する「みずほe-口座」への移行作業であったことが明らかになった(NHKの記事, 朝日新聞の記事, 日経新聞の記事)。

みずほ銀行では昨年、コスト削減の一環として紙の通帳の発行手数料を1000円に、また1年以上記帳していない場合は自動的にデジタル通帳に切り替えるとの計画を発表しており、3月上旬に初年度の移行を終えるべく作業を進めていたという。

移行作業が定期預金取引が多い月末とも重なりトラブルが起きたとみられるが、みずほ広報は「期限に迫られていたわけでなく余裕を持って作業していた」と語っているとのこと。ただし、大きな障害を起こしたため、既存口座の移行作業は延期される見通し。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | IT | お金

 関連ストーリー:
みずほ銀行の一部ATMで再びトラブル 最大3時間使えず 2021年03月04日
みずほ銀行のATM障害、19年稼働の新システムに問題はなし。みずほが全責任を負う 2021年03月02日
みずほ銀行で一時期ATMやネットバンクの障害発生。カードが取り込まれるなども 2021年03月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードみずほ銀行

関連記事

広告