NY外為:商品通貨高、NY原油先物急伸で=OPECプラスが生産現状維持決定

2021年3月5日 01:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*01:16JST NY外為:商品通貨高、NY原油先物急伸で=OPECプラスが生産現状維持決定


NY外為市場では原油価格の急伸を受けて商品通貨が買われた。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国は会合で、4月の生産を現状で維持する方針を決定した。会合前には、米国のエネルギー政策転換などを受けて、増産の思惑が強まり一時NY原油先物は60ドルを割り込んだ。しかし、予想外の決定を受けて価格は3.5%上昇。

商品市場に敏感なカナダドルも上昇。ドル・カナダは1.2650カナダドルから1.2603カナダドルまで下落。カナダ円は85円38銭まで上昇し2018年11月来の高値を更新した。
豪ドル・ドルは0.7774ドルから0.7806ドルまで上昇した。豪ドル円は83円00銭から83円99銭まで上昇。NZドル・ドルは0.7240ドルから0.7263ドルまで上昇した。NZドル・円は77円37銭から78円18銭まで上昇した。《KY》

関連記事

広告