エヌ・ティ・ティ・データを対象とするコール型eワラントが株価上昇率上位にランクイン(1日10:03時点のeワラント取引動

2021年3月1日 10:54

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:54JST エヌ・ティ・ティ・データを対象とするコール型eワラントが株価上昇率上位にランクイン(1日10:03時点のeワラント取引動
新規買いは原資産の株価上昇が目立つスズキ<7269>コール55回 4月 5,500円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ日本製鉄<5401>コール226回 3月 1,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはビットコイン2021年4月 マイナス3倍トラッカー1回 4月 60,000米ドル、ビットコイン2021年4月 プラス5倍トラッカー1回 4月 15,000米ドル、日経平均コール2057回 3月 29,500円、WTI原油先物リンク債_2021年6月限プット5回 3月 55米ドル、日経平均 プラス5倍トラッカー70回 4月 24,000円などが見られる。

上昇率上位はエヌ・ティ・ティ・データ<9613>コール64回 3月 1,800円(+69.2%)、エヌ・ティ・ティ・データコール62回 3月 1,700円(+62.7%)、エヌ・ティ・ティ・データコール66回 3月 1,900円(+60.0%)、エヌ・ティ・ティ・データコール60回 3月 1,600円(+47.6%)、エヌ・ティ・ティ・データコール67回 4月 1,900円(+40.2%)などとなっている。

(eワラント証券)《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース