教育分野で躍進中のChromebook、年内に40機種が投入予定

2021年2月25日 17:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

国内外含めてChromebookのシェアが拡大している。世界的にも2020年のPC出荷台数でChromebookのシェアが10%を超えMacを上回ったとする報道もあったほか、国内でも政府のGIGAスクール構想の後押しにより、大幅なシェア拡大を果たしている(PC WatchTechCrunch Japan)。MM総研が2月16日に発表した「GIGAスクール構想実現に向けたICT 環境整備調査」によれば、国内の教育市場においてはGoogle Chrome OSが43.8%のシェアを獲得、2位のiPadOSの28.2%、Microsoft Windowsの28.1%を上回ったという。

Googleによると2021年中には新たに40機種もの「Chromebook」が発売される予定であるという。多くがコンバーチブルタイプとなり、リモート学習などに適したデュアルカメラを搭載する予定。Googleは3月頃に搭載される予定の画面録画ツールなども発表している。このツールを使用すると、教師と生徒は教室や自宅で授業内容やレポートを記録することができる。授業や宿題の管理などが行える「Google Classroom」に関しても、教師向けにアドオンのマーケットプレイスを導入する。授業に適したサービスやツールなどが提供される予定(GoogleブログGoogleブログその2EngadgetCNET)。

nemui4 曰く、 教育用途向けに頑張ってる様子。端末固まっても、リセットでなんとかなるみたいだし。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Chrome | Google | 教育 | IT

 関連ストーリー:
IDC推計、2020年のPC出荷台数でChromebookがMacを上回る 2021年02月21日
Windowsバージョン別シェアで3か月ぶりにWindows 10が増加し、Windows 7が減少 2021年02月05日
世界的にもChromebookの出荷が増加。コロナ禍による教育市場への需要増で 2021年02月02日
2020年のPC出荷台数は3億261万台、10年ぶりの大幅増に 2021年01月14日
Google、CloudreadyのNeverware社を買収。古いPCをChromebook化 2020年12月18日
GIGAスクール構想で配付された端末、各地で様々な機能制限が報告される 2020年11月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleiPadMicrosoftWindowsMacChromeChromebookChrome OS

関連記事

広告