NVIDIAがマイニング専用GPU「CMP HX」発表 映像出力省きシステムも効率化

2021年2月23日 08:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

過去記事の通り、NVIDIAはビデオカード不足への対応のため、近く販売されるGeForce RTX 3060では意図的に暗号資産のマイニング性能を低下させ、ゲーマーなどに製品が行き渡るようにする措置を取った。そのマイニングユーザーへのビデオカードの代替品として18日にマイニング専用のGPU「CMP HX」シリーズを発表している(NVIDIAPC Watch)。

このCMP HXシリーズではすでに4モデルについて発表が行われており、まず第1四半期中に「30HX」と「40HX」の2モデルが投入、続いて第2四半期に「50HX」と「90HX」が投入される。数字が大きいモデルほどEthereum Hash Rateが高く、メモリの搭載量の多いスペックの高いモデルとなる。特徴は電力効率をマイニング用途向けに最適化しているため、市販ビデオカードより投資コストが下げられるとしている。また、一つのCPUからより多くのGPUを制御できるようになっているという。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 暗号 | お金

 関連ストーリー:
品不足が予想される「GeForce RTX 3060」、暗号資産マイニング性能が強制半減される仕様に 2021年02月19日
GTX 1650以上のビデオカードの品不足が深刻化。受注も停止との話も 2021年02月01日
ツクモがビデオカードに購入制限、ビットコイン高騰でマイニングブーム再燃か? 2021年01月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNVIDIA

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Z H2 SE(画像: カワサキモータースジャパン発表資料より)
  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース