ライフ RSS

 

米CDC、3カ月以内にワクチン接種完了した濃厚接触者は検疫不要

2021年2月14日 16:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米疾病予防センター(CDC)がCOVID-19濃厚接触者の検疫に関するドキュメントを更新し、3か月以内にワクチン接種を完了した人は症状が出ていない限り検疫不要との記述を追加した(CDC - When to QuarantineThe Vergeの記事SlashGearの記事)。

CDCではウイルスに触れた可能性のある人が他の人との接触を避けることを「検疫 (quarantine)」とし、症状が出ていなくても感染が確認された人が自宅でも他の人との接触を避ける「隔離 (isolation)」と区別している。CDCはCOVID-19濃厚接触者に対し14日間の検疫を推奨しているが、地元の保健当局によってはこれよりも短い検疫期間が設定されることもあるようだ。

これまでは、過去3か月以内にCOVID-19検査で陽性となり、回復した人に限り、症状がなければ濃厚接触後の検疫や再検査が不要とされていた。ただし、最初の感染から3か月以内の回復者に再びCOVID-19様の症状が出た場合、他の原因が特定されない限り再検査が必要になる。一方、3か月以内にワクチン接種を完了した濃厚接触者に関しては、症状がなければ検疫不要とのみ説明されている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療 | アメリカ合衆国 | 政府

 関連ストーリー:
日本航空、渡航先での陽性時に治療費などを補償する「JALコロナカバー」開始 2021年02月04日
SARS-CoV-2変異株、南アフリカ型が国内で初めて確認される 2020年12月30日
政府、すべての国・地域からの新規入国を12月28日から1月末まで一時停止 2020年12月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング