モネやゴッホ、ルノワールらの風景画で四季を追う書籍『366日 風景画をめぐる旅』

2021年1月23日 09:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 書籍『366日 風景画をめぐる旅』が、2021年1月21日(木)に発売される。

■名画で四季を追う書籍『366日 風景画をめぐる旅』

 『366日 風景画をめぐる旅』は、366の風景画を収録した書籍。花が香り咲く春、澄んだ水の上で船遊びをする夏、紅葉が野山を彩る秋、そして、美しい雪景色が広がる冬と、四季の移り変わりにあわせて世界の名画を掲載している。1ページ、また1ページとめくっていけば、名画で世界を旅するような気分を味わえる。

■モネ、ゴッホ、ルノアールらの風景画を掲載

 春の訪れ、4月を表すのは、グスタフ・クリムトの『花咲く牧草地』やクロード・モネの『ジヴェルニー、春の効果』。初夏6月を表すのは、フィンセント・ファン・ゴッホの名作『星月夜』やクロード・モネの『日だまりのライラック』…。数々の名画を経て、本格的な夏を迎える7月には、モネやゴッホとともに印象派の画家として知られるピエール=オーギュスト・ルノワールの『セーヌ河の舟遊び』も登場する。

 秋を表す作品には、色づく葉が美しいモネの『アルジャントゥイユの船だまりとヨット』も掲載。冬の季節を表す作品では、ロシアや北欧の画家たちが描く、白銀の世界を目にすることができる。

■すべての風景画に解説付き

 これら風景画すべてについて、詳しい解説も収録。それぞれの作品への知識や、絵画の見方も学ぶことができる。

【詳細】
書籍『366日 風景画をめぐる旅』
発売日:2021年1月21日(木)
価格:2,500円+税
仕様:B5判変型(228×175mm)/ソフトカバー/416ページ(フルカラー)
著者:海野弘
発売元:パイ インターナショナル

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードファン・ゴッホ

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • (c) 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
 

広告

ピックアップ 注目ニュース