ライフ RSS

 

HAKU「メラノフォーカス」シリーズが進化、“透明感のある肌”へ導く新薬用美白美容液

2021年1月17日 21:08

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 資生堂の美白ブランド・HAKU(ハク)から新薬用美白美容液「HAKU メラノフォーカスZ」(医薬部外品)が、2021年3月21日(日)より発売となる。

■HAKU「メラノフォーカス」シリーズが進化

 2005年の誕生以来、美白美容液売上No.1を誇るHAKUの「メラノフォーカス」シリーズが、2021年春進化を遂げる。新作「HAKU メラノフォーカスZ」(医薬部外品)は“美容医療か。美白美容液か。”というキャッチーなキーワードとともに登場する新薬用美白美容液だ。

 シミができる肌特有のダメージ状態を徹底的に研究し、先端の予防研究を搭載。“シミのもとの無限ループ”へアプローチし、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎ、全方向から効かせていく。

4MSKとm-トラネキサム酸の2種の美白有効成分を配合した抗メラノ機能体に加えて、うるおいを与え肌環境を整えるZカット複合体を新たに配合した。毎日の朝・夜に、化粧水で肌を整えてから使用することで、2種の美白有効成分を、肌奥まで届け効かせ、明るく澄んだ透明感のある肌へと導いていく。

■【詳細】

 HAKU メラノフォーカスZ(医薬部外品)20g 3,700円+税(編集部調べ)、45g 10,000円+税(編集部調べ)
発売日:2021年3月21日(日)

【問い合わせ先】
資生堂お客さま窓口 フリーダイヤル
TEL:0120-81-4710

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード資生堂

関連記事

広告

財経アクセスランキング