ライフ RSS

 

TEDスピーチで見つける、英語学習に役立つヒント

2020年12月30日 11:46

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 1年の振り返りや新年の目標を立てるときに役立つTEDスピーチ。英語学習にもぴったりな2つをピックアップした。30日間でチャレンジすることや時間を上手に使う方法。両方とも聞き取りやすい英語スピーチである。

【こちらも】TEDスピーチで学びながら英語リスニングを鍛える

■30日間チャレンジ・Try something new for 30 days

マット・カッツ・Matt Cutts

 タイトル通り、やりたいことを30日間だけ続けてみるというもの。1年という長さでなくたったの30日だけ。何もしないと30日はあっという間に過ぎてしまい、その間に何をしていたのか曖昧に終わってしまう。しかし、たとえ小さなことでも何かを30日だけ続ければ結果は残る。

 30日ではプロにはなれないが、何かが変わり始めるかもしれない。聞いているだけでワクワクするスピーチで、ずっとやってみたかったことにトライしてみたくなる。

 3分半の短いスピーチでサッと見てやる気がでるスピーチ。はっきりした発音と早すぎないスピードで初心者にもおすすめ。カジュアルなくだけた表現を学習できる。

気になる英単語
・stuck in a rut マンネリ 化している
・sustainable change 続けられる変化
・a tons of fun すごく楽しい
・give it a shot ためしてみる

■自由時間を上手に使いこなす方法・How to gain control of your free time

ローラ・ヴァンダーカム・Laura Vanderkam

 成功者の生活や習慣を研究して見つけた、時間を生み出す方法。視点を変えることで、どんなに忙しい人にも時間はあると教えてくれる。大切なことは何に時間を使いたいのかを決めるだけ、優先順位だという。時間とは選択。はじめに時間をかけたいことを決めること。新しい方法での1年の振り返りがとても興味深い。すぐにでもためしてみたくなるだろう。

 12分動画。はっきりした発音とリズムで聞き取りやすい英語。中級者向けだが英語テキストを見ると初心者でも理解しやすい。

気になる英単語
・tardiness 遅刻
・savor the irony 皮肉をかみしめる
・premises 前提
・elastic 伸縮する
・empowering 勇気づける、力づける

 30日チャレンジと時間を味方につける方法は、どちらもすぐに、取り組みやすい。おすすめスピーチなのでぜひとも英語学習の参考にしてほしい。(記事:鵜飼圭・記事一覧を見る

関連記事

広告