都営大江戸線の運転士15人がコロナ感染 運転本数を7割程度に削減

2020年12月28日 16:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

都営地下鉄大江戸線では15日から25日までの間に、地下鉄運転手15人の感染が確認されたそうだ。感染者以外の濃厚接触者を含めると運転手21人が仕事を行えなくなったという。大江戸線は人員確保が困難になったことから、27日から来年の1月11日まで通常の7割程度で運行すると発表した。ただし、多くの企業が通常運行すると思われる 12月28日の朝のラッシュ時間帯に関しては、通常通りの運行を行うとしている(東京都交通)。

 スラドのコメントを読む | 医療 | 交通

 関連ストーリー:
QRコードを使ったホームドア制御を都営地下鉄が導入 2019年05月27日
東京メトロと都営地下鉄、車内に監視カメラを設置へ 2017年03月16日
都営地下鉄および東京メトロで公衆無線LANサービスが始まる 2014年12月03日
首都圏鉄道各社で冷房の設定温度が最も低い都営大江戸線、乗客からは蒸し暑いとの声 2013年07月15日
都営地下鉄の24時間運行実現へ向け検討が始まる 2013年04月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード都営地下鉄

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース