彫刻家・名和晃平の個展「Oracle」表参道で、木彫漆箔仕上げ『雲鹿』ほかUVレーザーによる新作

2020年12月17日 09:12

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 彫刻家・名和晃平の個展「Oracle」が、東京・表参道のジャイル・ギャラリー(GYRE GALLERY)にて開催。会期は2020年10月23日(金)から2021年1月31日(日)まで。

 名和晃平は、京都芸術大学教授、創作プラットフォーム「サンドイッチ(Sandwich)」の主宰を務める彫刻家。彫刻の定義を柔軟に解釈し、鑑賞者に素材の物性がひらかれてくるような知覚体験を生み出してきた。近年では建築やダンサーとの協業によるパフォーマンス作品も手掛けている。

 そんな名和晃平の個展「Oracle」では、複数のメディウムや塗料・オイル・油絵具などを混合し複雑なテクスチャーで表現したペインティング、UVレーザーを用いた新作を展示。また、メインの展示作品として、鎌倉時代の彫刻作品『春日神鹿舎利厨子』へのオマージュとなる木彫漆箔仕上げの新作『Trans-Sacred Deer (g/p_cloud_agyo)』、通称『雲鹿』を発表する。

 なお、ジャイル・ギャラリーが位置する複合ビル「ジャイル」のアトリウムには、ピアニスト・中野公揮のコンサートに舞台美術として登場した彫刻作品「Silhouette」が出現。ギャラリー外で見られるこちらの作品も要チェックだ。

【詳細】
名和晃平 個展「Oracle」
会期:2020年10月23日(金)~2021年1月31日(日)
時間:11:00~20:00
会場:ジャイル・ギャラリー
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード表参道

関連記事