政府がAI婚活を支援へ 費用の3分の2を国が負担

2020年12月11日 16:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

日本政府が少子化対策のため、人工知能(AI)を使った婚活サービス(以下AI婚活)の支援を計画しているらしい。今までの婚活支援サービスでは、年齢や学歴、年収などの希望条件に当てはまる人に対し、相手を紹介する方式が取られてきた。AI婚活では、結婚希望者の年齢や趣味、行動履歴などのビッグデータを活用してマッチングを行うとされている(読売新聞BBCFNNプライムオンラインITmedia)。

少子化対策担当者によれば、これまでの方式よりもマッチング割合の改善が見込めるという。日本政府は2021年、少子化対策費用として20億円を計上しており、その費用をAI婚活に振り分ける模様。各社の報道によれば、政府はAI婚活システムの導入を行う自治体に対して、必要経費の3分の2を補助する方針だという。えひめ結婚支援センターの事例を参考にしているようで、ビッグデータを活用して婚活を行っている愛媛県では、成功率は従来方式の13%から29%にまで上がったとしている。 

スラドのコメントを読む | 日本 | 人工知能 | 政府

 関連ストーリー:
ドワンゴがサブカル好き男女向けの結婚相談所を開設 2020年02月28日
10〜39歳の独身は過半数が自称オタク 2019年11月18日
婚活サービス「ゼクシィ縁結び」は人工知能で「遊び目的」ユーザーを監視している 2019年03月15日
ロボットが人間の会話を代行する婚活イベントが開催される 2019年02月14日
「アニメ・漫画ファンに優しい結婚相談所」が秋葉原にオープン 2017年02月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードビッグデータ人工知能(AI)結婚

関連記事

広告