Appleの最高セキュリティ責任者、贈賄罪で起訴される

2020年11月27日 20:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 米カリフォルニア州サンタクララ郡の検事局は23日、大陪審がAppleの最高セキュリティ責任者Thomas Moyer氏を贈賄罪で起訴したことを発表した(ニュースリリースThe Vergeの記事The Registerの記事起訴状: PDF)。

Moyer氏は保留になっていたAppleの従業員の銃器携帯(CCW)許可4件と引き換えに、総額7万ドル近い200台のiPadを郡保安官事務所へ寄付すると2人の郡保安官事務所職員(保安官代理と警部)に約束したという。ただし、両者は検事局が捜査令状を執行してCCW許可関連の記録をすべて押収したことを知り、寄付は取りやめになったとのこと。2人の職員は本件の収賄罪で起訴されているほか、CCW許可に関する別件の収賄罪でも贈賄側とともに起訴されている。

本件についてMoyer氏の弁護士は、Moyer氏が保安官事務所と検事局の争いの巻き添えになったと指摘。Moyer氏は何も悪いことをしておらず、彼のキャリアは常に高い誠実さを保っており、裁判で無罪になるのは間違いないと述べているとのこと。Moyer氏は2018年にAppleが従業員にリーク防止を呼び掛けた内部メモの中で、リークが犯罪となり、その記録が一生ついて回る可能性を警告していた。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 犯罪 | セキュリティ | 法廷 | アップル | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
JAXAの元理事、災害対策事業に関連する収賄の疑いで逮捕される 2018年07月31日
東京医科大学で裏口入学が発覚、毎年10人前後を不正に合格させていた 2018年07月18日
リーク防止を呼び掛けるAppleの内部メモがリーク 2018年04月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleセキュリティ

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース