大和ハウス、千葉県印西市に東京ドーム約7個分のデータセンター建設へ

2020年11月19日 09:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

大和ハウス工業が千葉県印西市の「千葉ニュータウン」内に、総延べ床面積が約33万平方メートルもの巨大データセンターの建設を進めているという。これは東京ドーム約7個分の広さで日本トップクラスらしい(ITmedia)。

ITmediaによると、大和ハウスがこれほど巨大データセンターを建築する理由として、既存事業が苦しい状況にあることから、データセンターを貸し出し、クラウドベンダーから家賃を得るという新しいビジネスモデルの構築を狙っているのだという。すでに建設中となっている15棟のうち7棟は、オーストラリアのデータセンター事業者「Airtrunk」が入居する予定となっているそうだ。

印西市は大手金融機関や専門業者などが集まっているデータセンター銀座と言われるほどデータセンターが多い地域だそう。その理由の一つとして、地盤が強固で地震などの災害に強いのが理由らしい。Googleも2019年5月29日にデータセンターのための用地を購入、12月上旬に工事が着手されることが報じられている(日経クロステック土地売却奮闘記建設通信新聞Digital)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット | IT

 関連ストーリー:
AMD、ザイリンクスを買収。買収額は3兆6000億円 2020年10月28日
Intel、2020Q3の純利益は前年比29パーセント減に。発表日の時間外取引で一時10%ほど急落 2020年10月26日
オーストラリア政府、パプアニューギニア設置のデータセンター脆弱性でファーウェイを非難。意図的な不具合か 2020年08月24日
データセンターの電源工事作業不備によりSMBC日興証券でシステム障害、売買注文の予約などできず 2020年06月17日
ビートレンドでシステム障害、ファーストキッチンなど数百社のアプリに不具合 2020年06月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード千葉県クラウドオーストラリア大和ハウス工業

関連記事

広告