文化庁の文化芸術活動の継続支援事業、予算余りから追加の4次募集へ

2020年11月10日 08:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

文化庁が文化芸術分野に関わる人たちに対して行う「文化芸術活動の継続支援事業」。9月30日で第3次募集申し込みが終了したが、予算が残っていることからやはり第4次の募集が行われるようだ。募集期間は11月25日~12月11日になるという(美術手帖)。

美術手帖によれば、3次募集が終了した9月30日時点での申請件数は5万4208件。すべて上限値での支払いが認められたとしても387億円程度。予算は500億なのでかなり余る計算だという。 

スラドのコメントを読む | 日本 | 政治 | 医療 | 政府 | お金

 関連ストーリー:
文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」9/30の締切迫るも予算の半分も交付されず 2020年09月29日
月刊ムー、日本政府による民業圧迫を暗に訴える 2020年06月23日
自民党、著作権法改正案について「著作権者の利益を不当に害しないと認められる特別な事情がある場合を除く」ことで合意 2020年02月26日
ダウンロード違法化の対象拡大、「軽微であれば違法としない」方針へ。「著作権者の利益を不当に害する場合のみ」との制限については一部団体が反対 2020年01月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事