国交省、マスク未着用者への乗車拒否を都内タクシー業者に認める

2020年11月6日 16:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

東京都内のタクシー事業者から国土交通省に対し、マスクをしていない人の乗車を拒否が認められるようにする運送約款の規定改正の許可が求められていた(国土交通省タクシー乗車の際はマスクの着用をお願いします! [PDF]国土交通省その2日経新聞東京新聞)。

国土交通省は4日にこれを認可したと発表した。道路運送法では、暴力を振るわれるといった場合以外は乗車拒否することが認められていない。このため、こうした申請許可が出されていたという。国交省が今回認可した規定では、タクシードライバーは乗客がマスクを着用していない場合、その理由を乗客に聞くことができる。そのうえで特定の事情がない場合は、マスクを着用を促し、それを乗客が拒否した場合は乗車を断ることができるとしている。

酔っ払った状態でマスク未着用のまま大声で話す乗客などに対して、タクシー業者側が苦慮していた背景があるようだ。国交省は今回の認可はタクシードライバーだけでなく、その次に乗車する人のための感染防止策になるとして認めたとしている。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | YRO | 政治 | 医療 | 交通

 関連ストーリー:
30、31日の横浜スタジアムでのコロナ対策に関する技術実証実験、入場数が実験の目標数に届かず 2020年11月02日
東大、現物の新型コロナウィルスを使用してマスクの効果を実験。マスクは効果があると判明 2020年10月23日
食べ物の香り付きマスク、使いたい? 2020年10月17日
iOS 14.2、マスクをした顔の絵文字を笑顔に変える 2020年10月06日
英グレーターマンチェスター交通局、蛇をマスクとして使用しないよう注意喚起 2020年09月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国土交通省

関連記事