ヒルトン最上級ラグジュアリーホテル「ウォルドーフ・アストリア」日本上陸、東京日本橋に2026年開業

2020年10月30日 16:26

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ヒルトン最上級のラグジュアリーホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ」が日本初進出。2026年、「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」が開業予定だ。

■ヒルトン最上級ホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア」が東京・日本橋に誕生

 1893年、米国ニューヨークで開業した「ウォルドーフ・アストリア」は、世界のランドマークとなる場所で、現在32軒を展開しているヒルトンの最上級ラグジュアリーホテルブランドだ。食へのこだわりを約束する特別な空間と、ひとりひとりに合わせたきめ細やかなサービスによって、訪れた人に“生涯忘れられない体験”を提供してきた。

日本初上陸に選んだ地は、東京の日本橋。「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」は、三井不動産とのブランディング及びマネジメント契約締結によって、実現することとなる。

■日本橋駅から直結、新たな高層ビルの上層階に

 「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」は、2021年度工事着工予定の「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」におけるオフィス、商業店舗、サービスアパートメントが入る複合施設の39階から47階までの9フロアに展開予定。東京駅からは徒歩圏内であり、東京メトロ銀座線および東西線、都営浅草線「日本橋駅」からは直結という、様々な観光スポットへのアクセスに便利な場所だ。近くには「COREDO日本橋」も位置する。

■全197の客室とレストラン・ラウンジ&バーで最上級のおもてなし体験

 客室は、60㎡以上のゆったりとしたキングルーム含め全197室。館内には、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、宴会場、チャペルも備えられる予定となっている。また、“食”でのおもてなしも「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」の魅力であり、3つのレストランと、「ウォルドーフ・アストリア」の象徴でもあるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」がオープンする。

【詳細】
ウォルドーフ・アストリア東京日本橋
開業年:2026年予定
延床面積:約32,000㎡
階数:39階~47階(C街区) ※来館者の利用可能階数は40階~47階
客室数:197室
付帯設備:レストラン(3カ所)、ラウンジ&バー、宴会場、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、チャ
ペル

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード三井不動産ヒルトン

関連記事

広告