国際 RSS

 

ナスカの地上絵が見える名所の丘、斜面に猫の地上絵が描かれていた

2020年10月21日 08:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 ペルー文化省は15日、ナスカの「天然の展望台 (Mirador Natural)」と呼ばれる丘の斜面で新たに発見された、猫の地上絵の写真を公開した(プレスリリースArs Technicaの記事BBC Newsの記事The Guardianの記事)。

この丘はナスカの地上絵が一望できる名所であり、多くの観光客が訪れる。新たに見つかった地上絵は顔だけを正面に向けた横向きの猫が斜面の広い範囲に描かれており、公開された写真を見ると今までなぜ見つからなかったのか不思議に思うほどはっきりしたものだ。

しかし、実際に発見された当時は急坂と浸食の影響でほとんど見えず、消えかかっており、現在の外観は修復処理を行った結果だという。30~40cm幅の線で描かれた地上絵は横幅37mほど。その様式から有名な地上絵よりも古いパラカス文化後期、紀元前100~200年に制作されたものとみられる。このような猫のデザインはパラカス文化の陶磁器や織物によくみられるとのことだ。

 なおフリー素材として知られる「いらすとや」が18日、この猫の地上絵に類したイラストを作成したと発表した(いらすとや)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 地球 | グラフィック | サイエンス

 関連ストーリー:
カザフスタンの地上絵画像をNASAが公開、地上からは判別できないものも含まれる 2015年11月06日
ナスカの地上絵、新たなものが24点発見される 2015年07月10日
環境保護団体グリーンピース、抗議活動のためにナスカの地上絵を損壊 2014年12月11日
ナスカの地上絵、豪雨で被害 2009年01月22日
ナスカの地上絵、新たに100個発見 2006年04月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事

広告

財経アクセスランキング