LEGO、製品パッケージのプラスチック袋を紙袋に置き換える計画

2020年9月22日 17:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

LEGO Groupは15日、LEGO製品のパッケージで使い捨て型プラスチック袋の使用をやめ、持続可能な素材に置き換えていく計画を発表した(ニュースリリースThe Vergeの記事SlashGearの記事)。

LEGOでは2030年までに主要な製品やパッケージを持続可能な原料に移行する計画を2015年に発表し、植物由来プラスチックを原料とするレゴブロックの開発などを進めている。製品パッケージに関しては2025年末までにすべての素材を持続可能にする目標を掲げており、2021年から箱入りのLEGO製品で森林管理協議会認定のリサイクル可能な紙製の袋のテストを開始する。

使い捨て型プラスチック袋の廃止は環境を考える多数の子供たちから要望があったものだといい、さまざまな代替品のプロトタイプを開発して数百人の保護者と子供によるテストを行ってきたという。中でもリサイクル可能な紙製の袋は環境にやさしく、開けやすいことで子供たちから高い評価を受けているとのこと。

LEGOは持続可能性と社会責任への取り組みを加速するため、今後3年間で最大4億ドルを投資する。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | 教育 | おもちゃ

 関連ストーリー:
点字学習用レゴブロック「LEGO Braille Bricks」の提供開始。最初は7か国で 2020年08月26日
海に流れ込んだレゴブロック、海洋環境に最大1,300年残ることを示す研究成果 2020年03月22日
レゴブロック版の国際宇宙ステーションが発表される 2020年01月26日
レゴブロックを積み重ねた構造、超低温下で非常に高い断熱性を示す 2019年12月28日
植物由来の樹脂を使ったレゴブロック、開発が難航 2019年06月19日
レゴブロックの植物関連パーツ、植物由来プラスチックが原料に 2018年03月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事