国際 RSS

 

新型コロナ感染のアルゼンチンの大学教授、オンライン授業中に亡くなる

2020年9月11日 18:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 COVID-19を発症しながらオンライン授業を続けていたアルゼンチンの大学教授が2日、オンライン授業中に亡くなったそうだ(The Washington Postの記事BGRの記事Clarínの記事La Nacionの記事大学の発表)。

亡くなったのはUADE(Universidad Argentina de la Empresa)のPaola Regina De Simone氏(46)。De Simone氏は4週間以上にわたってCOVID-19の症状が続いていたが、Zoomを利用して講義を行っていたという。しかし、2日は40人ほどの学生が出席する中で呼吸困難に陥る。救急車を呼ぶため住所を教えるよう学生たちは必死で呼びかけたが、De Simone氏は「無理」と答えるのが精いっぱいだったようだ。De Simone氏が夫に連絡したらしいことを知った学生たちは、そのまま夫が到着するまで見守り続けたとのこと。死因は急性の心血管イベントによるものとみられている。De Simone氏が授業を続けていたことについて、友人や教え子たちは教育に情熱を傾ける彼女らしいと述べているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | サイエンス | 医療 | 教育 | インターネット

 関連ストーリー:
中国の江蘇省蘇州市で導入された文明コードアプリ、3日で運用停止へ 2020年09月09日
波長222nmの紫外線は新型コロナウイルス対策に有効。人体への安全性も立証済み 2020年09月09日
新型コロナウイルスのおかげで健康になった? 生活習慣改善で半数が実感 2020年09月07日
市販雑貨品の二酸化塩素系・次亜塩素酸水系の製品は新型コロナウイルスを完全に消毒できず、北里研究所 2020年09月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアルゼンチン

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
  • マツダMX-30 マイルドハイブリッドモデル・国内仕様(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース