国際 RSS

 

639年かけて演奏される曲の和音が7年ぶりに変わる 演奏現場に見物客

2020年9月10日 18:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

前衛音楽家のジョン・ケージ氏が1985年に作曲した「As Slow As Possible(ASLSP:できるだけ遅く)」は、演奏に639年が必要な曲だそうだ(BBC動画)。

この曲は現在、ドイツ中部ハルバーシュタットにある教会で演奏されているという。その和音が5日に7年ぶりに変わったことで話題になった模様。和音が変更されるのを聞こうと多くの人が詰めかけたようだ。ちなみに前回変わったのは、2013年10月5日で、次回は2022年2月5日だとのこと。演奏は2001年9月5日からスタートし2640年に終わる予定らしい。

ちなみに曲自体には演奏時間の指定はなく無限に演奏することも可能だそう。ハルバーシュタット教会での演奏時間の639年は、パイプオルガンの寿命から逆算されたものであるとのこと。 

スラドのコメントを読む | 音楽

 関連ストーリー:
ジョン・ケージ「4分33秒」の公式アプリがリリースされる 2018年07月23日
Sound of Silence 2004年02月06日
60秒の沈黙と4分33秒が和解 2002年09月25日
60秒の沈黙にも著作権問題 2002年07月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツ

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
  • マツダMX-30 マイルドハイブリッドモデル・国内仕様(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース