米Amazon、輸入種子の販売を原則禁止 謎の種の無差別配送事件受けて

2020年9月10日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、  中国から謎の種の無差別に配送された件を受けて、米Amazonは9月3日からガイドラインを改正、海外から輸入した種子を米国内で販売することを原則禁止とした(BBCロイターAFPGIGAZINE)。

今後は種子の販売に関しては米国内に拠点がある業者に限るとしている。新ガイドラインに従わない販売者はアカウントの排除と行ったサービス利用禁止もあり得るという。なお日本を含むほかの国でも新ガイドラインが適用されるかどうかは不明。

これまでの報道によると、種子が無差別に送りつけられた人は数千人に上るとされる。検査により送られてきた種子の袋にはミントやカラシナ、ローズマリー、ラベンダー、ハイビスカス、バラなど少なくとも14種類の種が入っていたことが分かっているとのこと。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 変なモノ | idle

 関連ストーリー:
身に覚えのない謎の種が届く問題で、日本郵便と植物防疫所が警告。開けずに届け出るよう求める 2020年08月07日
中国から謎の種がアメリカやイギリスの家庭に届けられる。米農務省は植えないよう警告 2020年07月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazon

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース