キリンビール、糖質ゼロのビールを10月6日発売 酒税改正と巣ごもり需要を狙う

2020年8月29日 10:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

キリンビールが糖質ゼロのビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日から発売するそうだ。ビールカテゴリーでは、国内で初めて糖質ゼロを実現した製品であるとのこと。発売が10月からなのは10月の酒税改正で350ml缶が1本当たり約7円減税されるためだそう(キリンリリース)。

Business Insiderによればアスマークの調査で、新型コロナウイルス感染拡大によって巣ごもりが進み、1キロ以上“コロナ太り”した人は約4割もいるそうだ(Business Insider)。リリースでも 「健康志向」の高まりが、新型コロナウイルス感染拡大によってさらに加速し、これまで堅調に推移してきた当社の糖質オフ・ゼロ系ビール類の販売数量も、1~7月で前年比約5%増と伸長しています。

 と新型コロナウイルスの影響があるっぽい表現がされている。ちなみにビール業界は新型コロナウイルスの影響で業務用の売り上げが激減、キリンは6.2%の減収、23.1%の減益となっているそうだ。

 スラドのコメントを読む | 医療 | ビール

 関連ストーリー:
紙製ボトル入りJohnnie Walker、来年発売へ 2020年07月18日
雑誌データをAIで分析して醸造したクラフトビールが登場 2020年07月16日
オリオンビール、ストロング系チューハイを販売終了 2020年06月20日
米国で窓越しにビール不足を訴えていた外出自粛中の93歳女性、SNSで話題になった結果大量のビールが届けられる 2020年04月15日
米国では一定数が在宅ワーク中に飲酒する 2020年04月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキリンビール新型コロナウイルス

関連記事

広告