愛車を防護膜で包み込む! 拭くだけ簡単カーケアスプレー「QUICK COATING」登場

2020年8月28日 18:05

小

中

大

印刷

カーケアスプレー「QUICK COATING」(画像:鑫三海発表資料より)

カーケアスプレー「QUICK COATING」(画像:鑫三海発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 鑫三海が運営するAFUストアは26日、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、カーケアスプレー「QUICK COATING」の販売を開始した。

【こちらも】自動車車内の除菌・消臭に効果的な「高出力オゾン発生器」とは

 クルマを所有している人の悩みの1つが、洗車した後の輝くツヤの持続性ではないだろうか。一昔前は、天然固形WAXを丁寧にボディに塗り込む作業が欠かせなかったが、ツヤは期待できるが長持ちしないことがネックであった。

 そして近年は、WAX不要のガラスコーティングが主流となり、専門業者での施工のほかに、DIYでも施工可能な商品が多く販売されている。だがこのガラスコーティングは、長持ちはするが、WAXほどのツヤは期待できない商品が多い。また、ガラスコーティングのほとんどは無機質素材のため、有機質の汚れには強いが、イオンデポジットなどの無機質汚れには弱いといったデメリットもあるため、定期メンテナンスが欠かせない。

 クルマを愛する人にとって、ツヤと保護は欠かせない要因だが、WAXのツヤとコーティングの被膜、そして長期持続性を兼ね備えたのが、カースプレー「QUICK COATING」だ。

 「QUICK COATING」は、光沢・艶・防汚・撥水・高温・摩耗・ホコリの付着防止という、7つの効果を持つ。またWAXやコーティングは、ボディ塗装面にしか使えなかったが、ホイールやタイヤ、樹脂、しかもガラスやミラーにまで使用できる。

 さらにクルマだけでなく、キッチンのシンクやバスルームの鏡まで綺麗にできるほか、自転車やゴルフセットにまで使用できる優れモノだ。

 使用方法は簡単で、クルマを綺麗に洗車してから良く水分を拭き取る。その後にボディに向けて「QUICK COATING」をスプレーし、軽く拭き取るだけで効果は3カ月持続するという。しかも全てのパーツに使用できるため、スプレーがボディのどこに飛散しても拭き取れば問題なく、全ての部分をスプレーして保護とツヤ出し効果が期待できる。

 開発したのは、台湾のAstree社。自動車用洗車用品などのコーティング液、カーワックス、クリーニングクリーム、くもり止め剤の開発販売を手掛けるメーカーだ。創立者の鄧強盛氏は「台湾十大傑出發明家」も受賞しているという。

 価格は、2本セットで6,580円(税込)。現在は、20%OFFの5,280円から販売している。(記事:小泉嘉史・記事一覧を見る

関連キーワードクラウドファンディング台湾

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース