コンパクトカーと軽自動車、走行性能や燃費で違い 選ぶべきポイントは

2020年8月14日 12:18

小

中

大

印刷

 近年国内の自動車市場では、軽自動車やコンパクトカーの活躍が目立つ。どちらも燃費に優れていて、小回りが利くなど市街地で使いこなしやすいイメージが強いようだ。しかし軽自動車とコンパクトカーではどちらがお得か、車選びで悩んだことはないだろうか。燃費や維持費などから比較検証したい。

【こちらも】高速で他車を停めれば危険運転致死傷罪に 「あおり運転」へ対策強化 7月2日施行

 軽自動車の規格は、排気量660cc以下という制限があり、車体も全長3400mm×全幅1480mm×全高2000mm以下でなければならない。メーカーの自主規制により、最高出力は大きくて64PSがほとんどである。

 コンパクトカーはいわゆる5ナンバー車で、排気量は2000cc以下、全長4700mm×全幅1700mm×全高2000mm以内と決まっている。軽自動車よりかはワイドでパワフルな印象となり、最高出力が100PSを超える車も珍しくない。スピード感のあるドライブを楽しむならコンパクトカーが優勢だろう。

 燃費ではどうか。両ジャンルに強みのあるホンダよりフィットとN-BOXの標準グレードかつガソリンモデルで比較しよう。数値はWLTCモードで示す。フィットはBASICで20.4km/Lだが、N-BOXは21.8km/Lと軽自動車が優勢だ。ちなみに同じNシリーズのN-WGNなら23.2km/Lとさらに長い。

 税金面でも自動車税は排気量が大きいほど高くつく。軽自動車は1万800円の自動車税がかかるだけだが、コンパクトカーは多くの場合2万9,500~3万9,500円。ここから見ても、軽自動車の方が維持費の安さでも上位に思える。

 しかし使い道の自由度では、コンパクトカーが上回る可能性がある。すべての軽自動車は4人乗りまでと法律で決まっている。子どもの年齢により5人が乗れるケースもあるが、基本的に4人を超えて走らせると定員オーバーになり、反則金6,000円や運転免許に1点の減点がつく。

 兄弟や姉妹がいたり、3世代以上で暮らしている家族にとってはコンパクトカーが無難だろう。フィットに限らず、トヨタ・アクアやダイハツ・トールなども5人乗り、ホンダ・フリードにいたっては6~7人乗りが可能である。

 燃費やコストの節約なら軽自動車が有利だが、スポーティな走りや大人数での使用を想定するならコンパクトカーが優勢か。車を選ぶ人の理想によって、正しい選び方は変わることに注意しよう。

関連キーワードN-BOXダイハツ工業軽自動車フィット(小型車)アクア(トヨタ)フリード(ホンダ)N-WGN

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース