キヤノンの写真クラウド「image.canon」、保存データの一部が消失

2020年8月7日 18:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

キヤノンは同社が運営しているデジカメ向けのクラウドサービス「image.canon」で、ストレージ障害が発生し、ユーザーが保存していた静止画・動画データの一部が失われたと発表した。同サービスでは1IDにつき10GBまでならユーザーはデータを長期保存できる(ITmedia日経新聞)。

7月30日に障害を発見。サービスを一時停止して調査したところ、6月16日以前にこの10GBストレージに保管していたデータの一部が消えてしまっていたことが判明したという。サムネイルに関しては残っているものの、オリジナルデータにはアクセスできないとしている。ストレージ障害に関しては修復、8月4日にサービスを再開したとしている。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | クラウド | ストレージ

 関連ストーリー:
GIGAスクール構想における教育向けPC市場、Chromebook採用が増える見込み 2020年08月04日
AIは進化するごとに必要な計算量が増え、処理能力の限界で進化は頭打ちになる 2020年08月03日
Western Digitalから過去最大容量となる18TBのHDDが登場、記録方式はCMR 2020年07月15日
NVIDIA、時価総額でインテルを抜く。時価総額で世界第3位の半導体メーカーに 2020年07月13日
Yahoo!スコアがサービス終了。満足いただけるサービス提供に至らないと判断 2020年07月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキヤノンクラウド

関連記事

広告