Windows 10の「ヒント」アプリ、一部の項目がmacOSの画面だと指摘される

2020年7月24日 08:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Windows 10標準の「ヒント (Tips)」アプリで、一部の項目でmacOSの画面が使われているとRedditユーザーが指摘している(Softpediaの記事Redditのスレッド)。

該当する項目の日本語版は「新機能」と「テンプレートを使用して、もっと作成する」に含まれる「在宅学習者向けのトップテンプレート」となる。Softpediaの記事ではスクリーンショットと呼んでいるが、実際のスクリーンショットではなくモック画面のようだ。英語版では既に差し替えられているが、日本語版は現在のところmacOS風のままになっている。

このほか、「フィッシング詐欺メールに注意する」「ご家族の安全と緊急時の準備」でもmacOS風のモックが使われている。前者は英語版もまだ差し替えられていない。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | MacOSX | 変なモノ | idle | Windows

 関連ストーリー:
ドナルド・トランプ米大統領、スーパーボウルで勝利したカンザスシティ・チーフスの本拠地がある州を間違える 2020年02月08日
Googleストア、米国向け製品相談ホットラインの電話番号を間違って記載していた 2019年08月25日
Samsung、Galaxy Note10のフレームをステンレス製と間違える 2019年08月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsWindows 10

関連記事

広告