国際 RSS

 

イタリアで公道を時速703km/hで走行するスピード違反 罰金約10万円

2020年7月20日 20:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

イタリアで時速703km/hで走行という驚異的なスピード違反があったそうだ。イタリアだしさぞかしすごいスーパーカーで走行したのだろうと思いきや、なんとイタ車では無くアメ車。しかもフォード・モーターが欧州市場向けに販売している「フォーカス」という大衆車だという(ねとらぼ)。

どうやってもそんな速度は出るはずもないことから、現地では警察が使用した計測機器に不良があったものとみられているとのこと。ちなみに運転していた女性は850ユーロ(約10万3000円)の罰金が課せられたとしている。

あるAnonymous Coward 曰く、 タグの「犯罪」は、警察の「犯罪」=冤罪を意味する。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | EU | バグ

 関連ストーリー:
高度な運転支援システムはドライバーをダメにする? 2019年12月25日
カナダ・ハイパーステルス社、透明マントが実現可能な量子ステルス素材を開発 2019年11月30日
スマートフォンのジャイロメーターを利用して走行品質の評価を行うUber 2016年01月29日
他のドライバーにスピード違反取り締りを知らせる権利を認める米判決 2014年02月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイタリア

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース