Microsoft Flight Simulator、欧州で発売される物理メディア版はDVD 10枚組

2020年7月19日 18:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

日本ではデジタル版のみとなる「Microsoft Flight Simulator」(MFS)だが、欧州でAerosoftが販売する物理メディア版はデュアルレイヤーDVD 10枚組になるそうだ(Aerosoftのフォーラム投稿SlashGearの記事Windows Centralの記事Ars Technicaの記事)。

Aerosoftの説明によると、DVDに収録されるのはシミュレーター本体(900 MB)および、世界と航空機のデータ(90 GB前後)だという。製品は紙のマニュアルが同梱されたボックスセットとなる。付属のシリアルキーでデジタル版へのアクセスも可能とみられる。AerosoftではBlu-rayディスクの使用も検討したが、DVDドライブを搭載したコンピューターが希少な存在になりつつある一方、Blu-rayドライブは常に希少だったため、DVDを選んだとのこと。USBメモリーはコストの関係で選ばれなかったようだ。

MFSは3つのエディションが存在するが、Aerosoftが販売するのはStandardエディションとPremium Deluxeエディションの2エディションとなる。価格は税別・送料別でStandardが60.34ユーロPremium Deluxeが112.06ユーロ。デジタル版は欧州での税込価格は国ごとの税率の違いにかかわらず、Standardが69.99ユーロPremium Deluxeが119.99ユーロとなっている。ボックス版との税込価格比較は難しいが、大差はないとみられる。なお、Aerosoftの製品ページにはデジタル版と同じ8月18日リリースと記載されているが、フォーラムでは8月21日ごろ出荷と説明されている。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | メディア | マイクロソフト | idle | ゲーム

 関連ストーリー:
Microsoftのソリティア、30周年を迎える 2020年05月23日
SpaceX、Crew Dragon宇宙船のISSドッキングシミュレーターを公開 2020年05月17日
「Microsoft Flight Simulator」の13年ぶりとなる新作が発表 2019年06月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindows

関連記事

広告