国際 RSS

 

カザフスタンで新型コロナウイルスとは別の種類の肺炎流行か

2020年7月16日 18:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

中国大使館が9日、ウィーチャットの公式アカウントで、現地の中国人向けに出した声明で、カザフスタンにおいて新型コロナとは異なる新型の肺炎が流行していると警告した。曰くこの肺炎は、高熱が出てから急速に容体が悪化して2、3日で死亡するという(ニューズウィークCNNテレ朝ニュースAFPNews1 wowkoreaその1WoW!Koreaその2)。

これに対してカザフ保健省は翌日、フェイクニュースだとして中国大使館の発言を否定した。世界保健機構(WHO)は、この新型肺炎について高い致死率であることは認めつつも、新型コロナウイルス(COVID-19)の可能性が高いと指摘していた。韓国の報道によると該当する肺炎患者はすべて新型コロナに感染していたことが確認されたとしている。 

スラドのコメントを読む | 医療 | 中国

 関連ストーリー:
冷戦時代のコロナ偵察衛星によるデータを用いた生物多様性調査 2020年05月27日
米国では新型コロナ関連の経済対策として通信回線費用の支援などが行われている 2020年05月19日
ベトナム政府、新型コロナウイルス対策のため中国政府機関に対しサイバー攻撃を仕掛けていた? 2020年04月28日
ソフトバンク出資の衛星インターネットOneWeb、破産申請を検討と報じられる 2020年03月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース