Googleが公開したOSS「Tsunami」の名称が議論を呼ぶ

2020年6月25日 18:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Googleが公開したセキュリティ診断ツール「Tsunami」に対し、その名称が不適切なのではないかという議論が出ている(GitHubのIssue)。

 Issueでは災害を名称とするのは不適切ではないのかという意見や、それに対して自然現象だから問題ないとする反対意見が見られるほか、そもそもセキュリティツールは津波よりも「防波堤」ではないかといった意見も見られる。

 昨今のmaster/slave問題と相まって、Google側も何らかの対応を迫られることになるかもしれない。

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | ソフトウェア

 関連ストーリー:
Facebook、デジタル通貨Libraに対応するデジタルワレットの名称をCalibraからNoviに変更 2020年05月29日
「マンホール」は男女差別的、これからは「メンテナンスホール」と呼ぼう 2019年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleセキュリティGitHub

関連記事

広告

財経アクセスランキング