体験型デジタルアートミュージアム「チームラボフォレスト」福岡の新施設ボス イーゾ フクオカ内に誕生

2020年6月15日 17:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 チームラボによる新たな常設ミュージアム「チームラボフォレスト(teamLab Forest)」が2020年7月21日(火)、福岡ソフトバンクホークスが福岡​PayPay​ドームの隣に開業する新施設「ボス イーゾ フクオカ(BOSS E・ZO FUKUOKA)」内にオープンする。

■チームラボの新ミュージアム「チームラボフォレスト」が福岡に

 ニューヨーク、ロンドン、パリなど世界各地で常設展およびアート展を開催しているほか、2018年には東京・お台場に初の常設ミュージアム「チームラボボーダレス」をオープンするなど、アート・サイエンス・テクノロジー・自然界といった様々な領域を縦横無尽に横断しながら、複数分野のスペシャリストたちによる“集団的創造”を続けるアートコレクティブ、チームラボ。

 彼らが新たに創造した「チームラボフォレスト」は、「捕まえて集める森」と「運動の森」という2つのインタラクティブな空間で構成される次世代のミュージアムだ。

■2つのインタラクティブな空間で構成

 「捕まえ、観察し、解き放つ」をコンセプトに掲げる「捕まえて集める森」は、自らの身体を動かしながら空間の中を探索し、発見し、捕まえ、そして自ら捕まえたものをきっかけに興味を広げていくことを主眼を置いた、新しい“学びの空間”。スマートフォンを片手に探索する中で様々な動物を捕まえて観察することで、自分だけのコレクション図鑑作りが楽しめる。

 一方の「運動の森」は、「身体で世界を捉え、立体的に考える」をコンセプトにした“創造的運動空間”。複雑で立体的、そしてインタラクティブな空間に没入することで、身体を動かしながら空間認識能力を鍛える事が出来るという。

■施設情報

 「チームラボフォレスト(teamLab Forest)」
オープン日:2020年7月21日(火)
会場:ボス イーゾ フクオカ(BOSS E・ZO FUKUOKA) 5階(福岡​PayPay​ドーム敷地内)
住所:福岡県福岡市中央区地行浜2-2-6
※​開館時間や料金などの詳細は後日発表。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードチームラボ福岡ソフトバンクホークス

関連記事

広告

財経アクセスランキング