経産省、住所の正規化などを行えるコンポーネントを公開

2020年6月3日 07:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 経済産業省が、法人番号や法人名から企業等の活動情報を検索できる「gBizINFO」サイトで、住所変換や法人種別名の抽出、全角-半角統一などのコンポーネントを含むIMIコンポーネントツールを公開した(Geolonia developer's blog)。

 IMI(Infrastructure for Multilayer Interoperability、情報共有基盤)は、電子行政分野に向けてデータに用いる文字や用語を共通化するための技術基盤。今回公開されたコンポーネントツールには住所変換や法人種別名の抽出、全角-半角統一、データバリデーションなどを行うコンポーネントなどを含む「WebAPIコンポーネントと仕様書」、gBizINFOで使用されている語彙を含む「gBizINFO用応用語彙」、gBizINFO全体のデータモデルを定義した「gBizINFO対応DMD」の3つが含まれている。

 提供されているコンポーネントはNode.jsで利用できるパッケージとして提供されており、ドキュメントやサンプルコードも含まれている。ライセンスについては明記されていないが、含まれるpackage.jsonファイルによるとMIT Licenseとなっているようだ。

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | 日本 | ビジネス | 政府

 関連ストーリー:
Microsoft Office で約 58,000 字の異体字が利用可能な仕組み発表 2012年11月14日
経済産業省は情報大航海時代にどう対応するべきか 2006年12月01日
経済産業省からの公募に見るオープンソース推進 2003年10月09日
東京都の新型コロナ対策サイト、GitHubでコードを公開 2020年03月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード経済産業省

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース