英ポンド週間見通し:伸び悩みか、EUとの通商協議は難航との見方

2020年5月30日 14:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:32JST 英ポンド週間見通し:伸び悩みか、EUとの通商協議は難航との見方
■堅調推移、ユーロ高進行の影響受ける

先週のポンド・円は堅調推移。経済活動の段階的な再開を意識したポンド買いが観測された。また、欧州復興計画への期待でユーロ高・円安が進行したが、英国経済への好影響が期待されたことでリスク選好的なポンド買い・円売りもやや活発となったようだ。取引レンジ:130円94銭−133円46銭。

■伸び悩みか、EUとの通商協議は難航との見方

今週のポンド・円は伸び悩みか。英国と欧州連合(EU)の通商関係についての協議は難航が予想されており、リスク選好的なポンド買い・円売りがさらに広がる可能性は低いとみられる。英中央銀行によるマイナス金利導入の可能性もポンド相場の反発を抑制する一因となりそうだ。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・特になし

予想レンジ:130円50銭−133円50銭《FA》

広告