iOS脱獄ツール「unc0ver」が最新のiOS 13.5にも対応

2020年5月29日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 iOS脱獄ツールの「unc0ver」がv5.0.xとなり、先日リリースされたばかりのiOS 13.5にも対応した(公式サイトGitHubリポジトリMac RumorsBetaNews)。

 iOSの脱獄はバージョンごとに難易度が増し、この数年は最新のiOSを脱獄可能なツールが一般公開されることはなかった。しかし、昨年はunc0verが当時最新版だったiOS 12.4に対応し、A5~A11チップのBoot ROMの脆弱性を利用する「checkm8」も公開された。

 unc0ver 5.0.xはPwn20wnd氏が発見したカーネルのゼロデイ脆弱性を用いて脱獄を可能にするといい、iOS 11.0~13.5(iOS 12.3~12.3.2およびiOS 12.4.2~12.4.5を除く)を実行するすべてのデバイスで利用できるとのこと。システムのサンドボックス例外を利用することで、標準のセキュリティレイヤーを維持したままで脱獄できるとも説明されている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | アップル | デベロッパー | iOS

 関連ストーリー:
「脱獄iPhone」を販売していた19歳が商標法違反容疑で逮捕される 2020年03月04日
脱獄不要のiOSアプリストア「AltStore」登場 2019年09月30日
古いiOSデバイスのBoot ROMに脱獄も可能な脆弱性、Appleにも修正不可能 2019年09月29日
iOS 12.4.1リリース、脱獄を可能にする脆弱性を再修正 2019年08月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性iOSセキュリティMacGitHubiOS 11iOS 12iOS 13

関連記事

広告

財経アクセスランキング