マザーズ指数は大幅に4日続伸、中小型株物色の流れ強まる、値上がり率トップはGMOメディア/マザーズ市況

2020年4月9日 16:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:25JST マザーズ指数は大幅に4日続伸、中小型株物色の流れ強まる、値上がり率トップはGMOメディア
 本日のマザーズ指数は、大型株が冴えないなか中小型株物色が強まり、大幅に4日続伸となった。前日の米国市場では、米国立アレルギー感染症研究所所長が新型コロナウイルス感染者数のピークアウトを示唆する発言をしたことなどから、主要株価3指数は大幅高となった。この流れから、日経平均株価も5日続伸してスタートしたが、前週末から急ピッチで上昇していたことや、国内での新型コロナ感染者数が過去最多を記録し、警戒感がくすぶっていたこともあり、次第に利益確定売りが優勢となった。こうした中、個人投資家の物色意欲はマザーズ銘柄を中心とした新興市場に向かった。個別に材料のあった銘柄だけでなく、時価総額上位銘柄なども含めて多くの銘柄が強含んだ。なお、売買代金は概算で937.06億円。騰落数は、値上がり252銘柄、値下がり61銘柄、変わら11銘柄となった。
 個別では、塩野義製薬<4507>と締結したライセンス契約と覚書に定められたマイルストーン条件を達成したと7日に発表したことが引き続き買い材料視されたステムリム<4599>がストップ高となったほか、上場来安値圏からの急反発となったGMOメディア<6180>や、gbHD<6557>、ソフトマックス<3671>、ベストワンドットコム<6577>、農業総合研究所<3541>、ユナイトアンドグロウ<4486>、ミクリード<7687>などが値上がり率上位に入った。一方、値下がり率上位には、MRT<6034>、富士マガ<3138>、ジェイック<7073>、レントラックス<6045>、バリューゴルフ<3931>、フーバーブレイン<3927>、フルッタフルッタ<2586>などが並んだ。《YN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
  • (c) 123rf
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース