トランスG 大幅に4日続伸、炎症可視化マウスの作製で欧州特許庁から特許査定/新興市場スナップショット

2020年4月9日 13:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:59JST <2342> トランスG 290 +12
大幅に4日続伸。「炎症可視化マウス作製とその応用」で欧州特許庁から特許査定を受けたと発表している。同社と熊本大学、群馬大学の共同で国際特許出願していた。自己免疫疾患やがん、動脈硬化、肥満、アルツハイマー病など炎症反応を起因とする様々な疾患の病態機序の解明や治療法の開発研究に貢献することが期待されるという。日本では特許成立済み。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース