ライフ RSS

 

「オンライン診療」初診から容認へ ただし時限的措置

2020年4月8日 17:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 厚生労働省が、病院に行かなくてもインターネットを使って自宅などで診察が受けられる「オンライン診療」の利用条件を緩和し、今までは認められていなかった初診からのオンライン診療を認める方針を決めたという(NHKTBSDIME)。

 新型コロナウイルスの感染が疑われる患者だけでなく、ほかの病気の診療も対象とする方向だという。ただし、感染が終息するまでの時限的な措置となる見通しだとしている。

 厚労省は3月19日より「臨時的・特例的な取り扱い」として、新型コロナウイルス感染症軽症者へのビデオ通話によるオンライン診療の保険適用を特例的に認めていた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 医療 | インターネット | IT | 政府

 関連ストーリー:
スラドに聞け:「テレワークしろ、楽だろ?最高だろ?」、かえって迷惑じゃないですか? 2020年03月26日
GMOインターネット社長曰く、「在宅勤務による業績への影響はない」。一方で自宅に仕事ができる環境がない人の存在も課題に 2020年02月20日
新型肺炎の感染例増加を受けて在宅勤務を指示する企業が増加 2020年02月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省新型コロナウイルス

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース