ザ・リラクス、2020-21年秋冬ウィメンズコレクション 機能的な服のベーシックを辿る

2020年4月8日 17:35

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ザ・リラクス(THE RERACS)は、2020-21年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

■スポーツやアウトドア、ミリタリーの文脈を辿って

 今季は、スポーツウェアやアウトドア、ミリタリーといった機能的なウェアをベースにしたデザインが散見された。こうしたファンクショナブルなウェアの文脈を遡り、70年代のアウトドアや、80年代の米軍が過酷な環境に適応するために着用する「ECWCS」から着想を得た3レイヤーのジャケットは、肩の部分をブラックで切り替えたアクティブな表情が印象的。首元をしっかりと覆う高めの襟や、中に重ね着が可能なゆったりとしたAラインのシルエットが特徴だ。

 また、手を入れやすい位置にポケットを配したホワイトの中綿コートや、ウインドブレーカーを彷彿させる、大きなポケットをフロントにあしらったアノラック、プルオーバーワンピースなども登場。ロングスカートのウエスト部分には、ベルトのようにしてポケット付きのフラップをあしらい、利便性を高めた。

■緩やかなオーバーシルエット

 なだらかなラグランスリーブのシャツや、緩やかに身体を包み込むアウターなど、オーバーシルエットも今季の特徴の1つだ。カシミヤで仕立てたアイボリーのチェスターコートは、丸みを帯びた緩やかな袖と、生地の落ち感を生かしたゆとりのあるボクシーなフォルムが調和した1着。柔らかな雰囲気をまといつつ、端正な佇まいを見せる。

 その他、スナップを配したフーデッドコートやピーコート、モッズコートなども大きめのサイジングを採用。カーキのフード付きジャケットには、裾に向けて広がるキルティングのライナーをレイヤードすることで立体感のあるシルエットを描き出す。

■多彩な素材使い

 また、多彩な素材にも注目したい。スエードのミニマルなジャンプスーツや、エイジング加工を施したマットな光沢感のレザー調スカート、透け感のあるペンチェックのシャツドレスといったクールなピースが登場したかと思えば、モヘアのニットやスカート、ふんわりとした質感のウールシルクシャツ、ボアで仕立てたフーデッドコートといった、起毛感のあるソフトなウェアも展開。

 加えて、ザ・リラクスではおなじみの、ウールギャバジンで仕立てた無骨なテーラードジャケットや、ハリのある上質なウール「スーパー140's」で仕立てたアウターなども揃え、幅広い着こなしを可能にする。質感やデザインは異なっていても、いずれのウェアにもザ・リラクスならではの凛とした空気感が漂っている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードザ・リラクス(THE RERACS)

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース