HYKE、2020年秋冬ウィメンズコレクション アディダスとのコラボウェア再び

2020年4月3日 20:15

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 HYKE(ハイク)が、2020-21年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

■ミリタリーウェアを再構築したアウター群

 毎シーズン、服飾史や古着などを着想源に、ブランド独自の感性を加えたコレクションを発表しているHYKE。今シーズンは、秋冬の主役となるアウターを、ブランドの好むミリタリーウェアをベースに再構築しているのが特徴。“高襟”が特徴のフィールドコートや、通常アーミーコートの下に纏うキルティング仕立てのライナージャケット、イギリス軍のダッフルコートに着想を得たアウター群が、ランウェイを埋め尽くしていく。

■ロング丈&“ふんわり”シルエットを基調に

 これらアウターは、秋冬の寒さからしっかりと守ってくれるように、膝下まで伸びるロング丈が基本。軍服という本来タフなユニフォームをベースにしながらも、柔らかな弧を描くゆったりとしたのボディラインや、ふんわりと膨らむスリーブを組み合わせることで、女性らしさを引き出す一着へと仕上げているのが印象的だ。

■ニットウェアで楽しむレイヤードスタイル

 秋冬の定番ニットウェアは、レイヤードスタイルで楽しむのが今季のムード。大胆なスリットを配したロング丈のニットワンピースは、ブランドらしい細やかなプリーツを施したロングスカートをインサート。また胸下からフリンジで切り替えたニットベストは、ロングコートやジャケットといったアウターの上に纏っているのが印象的だ。

 カラーパレットは、淡いアースカラーをベースに、単色で揃えたモノトーンスタイルが目立つ。その中に象徴的なパターンとして登場したホワイト×ブルーのモダンなチェック柄が、軽やかなエッセンスをコレクションにもたらしている。

■アディダスと再びコラボレーション!

 毎年人気ブランドとのコラボレーションにも注目が集まるHYKE。今シーズンは、前季に続く、アディダス(adidas)とのコラボレーションアイテム第2弾が目玉となる。ランウェイには、アディダスのロゴをウエストに並べた、光沢感のあるプリーツスカートや、バックパックのチェストベルトをボタンの代わりに取り入れたジャケット、ミリタリーライクなロングジェケットなど、HYKEらしいコードを詰め込んだウェアが姿を現した。

■“お馴染み”ブランドとのコラボレーションアイテムも

 スタイリングに差し込まれたアクセサリーは、これまでも継続してタッグを組んできた人気ブランドとの新作がお目見え。

足元は、ビューティフルシューズ(BEAUTIFUL SHOES) とコラボレーションした、ミリタリーブーツ着想のフットウェアを、手にはチャコリ(CHACOLI)とタッグを組んだ、ミリタリーライクなレザーショルダーバッグやエコファーバッグをセレクト。

 またモデルの中には、アイウェアブランドのジュリアス タート オプティカル(JULIUS TART OPTICAL)とのコラボレーションによる、バイカラーのアイウェアを纏う者も散見された。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションアディダス(adidas)HYKEビューティフルシューズ

関連記事

広告

財経アクセスランキング